ここでは、高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)と動脈硬化の関係について説明したいと思います。高血圧も動脈硬化も、どちらも血管に関する状態を示した症状で、生活習慣病から発症すると言われています。高血圧の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が進行すると、動脈硬化の症状も進行しやすく、更に高血圧の症状を悪化させるという悪循環を引き起こしてしまうのです。そのため、高血圧と動脈硬化(糖尿病や高血圧、喫煙、過度の飲酒、脂質畭常症などが原因で起こるといわれています)は非常に密接な関係があると言えます。高血圧とは、血管内の血液にかかる圧力が通常よりも高くなる状態のことです。高血圧になると血管に常に負担がかかり、血管の壁が傷つけられたり、柔軟性を失って硬くなったりします。そのように血管が硬くなると、血液がスムーズに流れにくくなり、心臓に負担をかけてしまうようになります。また、血管が傷つけられていくと粥状の組織が出来、動脈を詰まらせてしまい、動脈硬化の要因となっていくのです。高血圧になる原因については定かではないのですが、「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の二種類があると言われています。「本態性高血圧」は、高血圧の患者の約90%を占め、生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などの習慣を指します)や遺伝的な体質、その他、ストレスなど、環境的な要因が複雑に絡み合って起きていると考えられているんですね。一方、二次性高血圧とは、腎臓病や糖尿病など基礎疾患の症状の一つとして引き起こされているものです。頻度は低く、高血圧の患者の約5%程度だと考えられています。比較的若い年齢の人に多く見られて、精密検査が必要になることが多いですー